大震災の余波

By | 2011年4月3日

By http://www.boston.com/

 

ブログを書くこと自体が久々になります。mark_13.gif

とはいっても、実際RSでの活動はしていなかったので・・・。

多少落ち着いたところなので書こうと思いました。

 

先日の東日本大震災で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

そんな私が現在いる場所も被災地となっております。

その際の事を思い出しながら、また、記憶が残っているうちに現在・この先のゲームの事なんか考えながら書いてみようかと。

 

 

3月11日金曜日午後2時46分頃、マグニチュード9.0を記録する地震が東北地方太平洋沖で発生しました。

By http://www.nikkei.com/

 

 

最初はガタガタガタと小刻みな揺れがきたと思った瞬間、本能的に「これはヤバイ」というような揺れに襲われました。

人間、本当にやばいと思ったときは何もできなくなるもので、逃げる事や机の下に隠れるなんてこともできませんでした。

揺れが大きくなった瞬間、全ての電気が止まり会社が暗くなったのを覚えています。

窓から遠くの方に見える巨大な鉄塔が溶けた飴のようにふにゃふにゃに揺れていました。

Lonely Tower in Wyoming
Creative Commons License photo credit: wormwould

 

一度揺れが小さくなった瞬間、携帯を取り出し連絡を試みるも不通。

数分は妙な揺れに襲われ収まったかと思った瞬間、また巨大な地震が来ました。

最初の地震が発生してから1時間ほどでそれが10度ほど起こりました。

各自、自宅へという事になり部屋へ戻るも電気がストップしている以上、何もできず携帯も通じずでただただ地震に怯え安全な場所にいました。

このとき、よもや各地で、また自分のいる場所の近くで大津波など起こっているとは想像だにしませんでした。

 

夜になり外をみると辺り一面真っ暗で星が異様なほど綺麗に輝いていたことが印象的でした。

Milky Way
Creative Commons License photo credit: aresauburn™

 

残り少ない電池の携帯を取り出し、この時初めてネットで情報を見ました。

予想以上に規模と範囲が大きい事はわかりましたが、被災地の現状は誰もつかめていない感じでした。

夜22時頃でしょうか、混み合っている通信の合間を縫ったのか携帯の電話が鳴り響き初の電話をすることが出来ました。

ゲーム内の友達でしたface_c01.gif

何度かけても繋がらなかったみたいでやっと繋がった電話でした。

とりあえず、心配はかけるまいと「ずっと寝てたよ~mark_13.gif」という感じで良い、ゲーム内の他の人にも無事を伝えてもらう事にしました。

Leggero
Creative Commons License photo credit: Alessandro Pinna

 

その後、遅延していたメールが数十通一気に来てたまーにメールが通じる状況になりました。

99%安否確認でしたが、地震直後の1通だけレッドストーンのワンタイムキーだったのには腰が砕けました。face_c10.gif

 

その日は、寒さに耐えつつ寝るしか出来ませんでしたが、何度も何度も来る余震に起こされほぼ寝付けなかったと思います。

 

次の日、会社へいくも、多くの人が来ることができずに自宅待機となりました。

会社で町中で死人が出たらしいという情報を聞き、地震に強いといわれている東北地方でもそこまでなんだと思いつつもまだ楽観視していました。

しかし、会社に来る途中に見た人の話しだと、現在住んでいるこの町にも津波が来たらしいという話しでした。

その日は、電気は止まったままでしたが多くの人とメールで連絡がとれ、何やらこの震災は相当なものだと薄々気づき始めました。

 

夜になりワンセグを見ることができるようになり、この時初めて多くの町に巨大な津波が襲った事を知りました。

丸2日、ライフラインが停止状態になっていたこともあり、何をするわけでも出来るわけでもなくただじっとしていました。

現代社会に生まれ育っている弊害とでもいいますか、電気ガス水道が無ければ何も出来ない事を思い知らされました。

Medieval lighting / Iluminación medieval
Creative Commons License photo credit: . SantiMB .

 

次の日になり、電気が復旧しました。

しかし、インターネットは復旧せずPCをつけたところで何も出来ることがなかったです。

ただ、電気やエアコンやTVがつくだけでもありがたかったです。

そんな中、重大な知らせが会社に届きました。

「会社のすぐ横で地震による影響で死人が出た」

詳細はわかりませんでしたが地震の揺れで何かの下敷きになったらしいです。

ごく身近で起きたことに背筋がぞっとしました。

 

TVが見られるようになったため、ここで地震の場所や規模、被害の大きさなどリアルタイムで情報を得ることが可能になりました。

しかし、東北へ転勤し働いている友人や、大学時代の福島や宮城の知人など未だに連絡が取れませんでした。

特に、名取市の海沿いに勤めている人がおり、TVを見る限りでは津波の被害を多大に受けていたので心配でした。

(1週間経ってから生存が確認出来ましたが、会社も流され仕事自体も食べ物も無く冬眠するように寝るだけだったそうです)

By http://www.boston.com/

By http://www.boston.com/

By http://www.boston.com/

By http://www.boston.com/

By http://www.boston.com/

 

 

そんな中、震災後1週間は1日1食お茶漬けのみ。の生活を送る事になりました。

おいしかったです。ほんとうに。food_02.gif

By http://www.nagatanien.co.jp/

 

3週間以上経った今とはいえ、未だにコンビニを初めスーパーなどには欠品が多く、買えるもの・震災後からまったく買えないものと極端にわかれています。

 

 

そんなこんなでやっとゲームの話しですが、さすがに震災後にゲームをする気にはなれず、離れたところに住む嫁にワンタイムごと全てを預けました。hand_09.gif

もちろん現在も同様に預けっぱなしです。(預けた事に異論がある方はどうぞ運営へmark_16.gif)

思いの外、この大震災の余波はすさまじく正直ゲームどころでは無いです。

やはり、リアルで余裕があってのゲーム。

 

何やらゲーム内を問わず不謹慎ムードが横行していますが、個人的な意見としましては反対です。

被害を受けていない地域の方は、どんどん遊んでお金を使い経済を少しでも回して欲しいです。

自粛ムードだからといい、経済の流れをを止めることは今後より悪い方向へ進む事になってしまいます。

会社の方もいろいろと大変になってきて大震災の余波をもろに受けています。

今後、どうなっていくのだろう・・・。

 

ということもあり、しばらくRSは隠居生活が続くと思われます。

よってブログもRSネタが無い限りはなかなか更新できないと思います。

 

以上、長文・乱文でしたが失礼します。

 

 

 


2 thoughts on “大震災の余波

  1. うらら

    被災してたのね~
    無事でよかったよ。
    またいつものように○ネタで盛り上がれるような日常に戻ることを祈ってます。

    Reply
    1. わいつ Post author

      おういえ!
      ぼちぼちやり出したからまたゲームで楽しもう♪

      Reply

わいつ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。